« 勝ち犬と負け犬 | Main | エイプリルの七面鳥 »

2004.12.15

蝶々サン

ってタイトル書いたけど、知り合いじゃありません。
「最近読んだもの」に書いた、「ふたつの蜜月 銀座小悪魔日記」の著者。

彼女の赤裸々恋愛日記で2作目になるんだけど、
自分じゃ経験したことのない&絶対経験しない世界が繰り広げられていて
恋愛本として、楽しく読ませていただきました。

本の内容と、夕刊フジ(連載中)の写真を見た感じでは
きっと男性が放っておかない、清楚な色香の漂う人なんだろうなと勝手に推測。

本を買ってから2日で一気に完読。
読み始めたら先が気になって夜中の2時過ぎまで読んだりしてました。

恋愛でのこんな修羅場を経験したことのない私としては
興味深く読みつつ、ある種、これだけの修羅場になるってことは
愛された深さ、強さなのかな、とも思ってみる。

それに加えて、彼女の文才というのか文章力が素敵なのも
読み進みやすく、場面が思い浮かべやすくさせています。

読み終わってみて
最近、こんなに本気で人を好きになったことって・・・・ないなぁ。
そんな日がまた来るのかなぁ   と、ちと不安に。

人生にトキメキは必要よね。
来年は頑張るぞー。

|

« 勝ち犬と負け犬 | Main | エイプリルの七面鳥 »

Comments

はじめまして、こんにちは。
http://chochofun.ameblo.jp/の管理人
URA蝶々と申します。
蝶々さんの実態について取材中です。
ご本人にブログで脅されつつ取材してますので
是非遊びに来てください。

Posted by: chochofun | 2005.05.24 at 08:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22069/2270944

Listed below are links to weblogs that reference 蝶々サン:

« 勝ち犬と負け犬 | Main | エイプリルの七面鳥 »