« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

2005.04.29

コンスタンティン

昨日は仕事が早く終わったので六本木ヒルズのヴァージンシネマ、
しかもプレミアシートで見てきました。

初めてプレミアシートで見たんだけど、
硬めのクッションがほどよく、サイドテーブルもついていて
リクライニングはできるし快適快適♪ さすが\3000-。(ワンドリンクつき) 
ま、デート向きのシートですね。
この日は「ティアレンス」っていうヨーグルトのサンプリングもしていたので
ちょっと掛けたお金を取り戻した感じ(せこい?)

さて、肝心の映画ですが、
こんなに怖い映画とは知らずに来た私はのっけからの心臓バクバクシーンに
打ちのめされ、最後までビクビクしながら見ましたよ。

ストーリーの方はやや劇画的なところもあったし
ディテールに多少粗いところもあったけど全般的には楽しめました。
やっぱりキアヌリーブスは美しいわぁ。

映像のストップモーションやアングルとか、映像的にもまあまあ楽しめたし
最後の方で出てくるサタンのお茶目な感じも結構好き♪
マトリックス(Ⅱ、Ⅲ)よりはこっちの方が断然いいですよ。

星は★★★★☆。
マイナス1はディテールの荒さかな。
でも見る価値ありですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.04.17

NANA

ちまたで評判の漫画「NANA」をようやく読み始めました。
まだ7巻までだけど、みんながはまる理由がわかりますね~。

女子高生~女子大生が中心読者だろうけど
それより上の年代の私でも楽しく読めます。

誰もがみんな経験する、
恋に一喜一憂し、夢に向かってつまづいたり
夢が見つからなくて不安になったり、と
誰もがどこかで共感するポイントが、ちりばめられているんですね。

憧れの芸能人とお近づきになれちゃったりして
「おいおい!そんなにうまく行くんかい!!」ってこともありますが
まあ、その辺は大目に見て。

今後の展開が楽しみですね。
映画化もされるそうだし、どこまで広がって行くんでしょう。

是非一度、読んでみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.14

オペラ座の怪人★★★★★

先週末やっと、やっと、念願の「オペラ座の怪人」を見に行きました~!

多くの映画館でやっていたのにさすがに六本木ヒルズのヴァージンシネマだけに
なっていました。
劇場に着いたのは上映前20分を切っていたんだけど結構満席に近くて
前から3列目でした。
(さすがにちょっとアップすぎ・・・)

でもやっぱり良い映画でした!
舞台とは違って、映画ならではのシーンの移行など、秀逸でした!
歌もすばらしかったし、主役の3人のバランスの良さ、
怪人の深くて、でも歪んだ愛のせつなさ、
わかっていても、2人に惹かれてしまうクリスティーヌ、
まっすぐにクリスティーヌに愛を注ぎ、守ろうと全力を尽くす子爵。
あ~、今思い返しても良いですわ。
DVD化が待ち遠しい!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.10

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

試写会のチケットが当たって、4/23公開予定の映画を見てきました。
ロバート・デニーロが出ているので期待しつつも、怖い映画だと聞いて
ビクビクしながら行きました。
ふだん、あまりこの手のは見ない方なのだけれど
タダだったので。

約100分の映画なので長さはちょうど良い感じ。
映画のストーリーは公開前なので触れませんが
最初から緊張の糸がずっと張られている感じ。

怖い映画ではあるんだけれど、比較的登場人物が少なく
静かな中に怖さがあるのが特徴ですね。

ストーリー自体は「こう来たか!」という感じでした。
納得感はあります。
好みは・・・分かれるかも。


今回の試写会では、ひとつ困ったことがありました。
左隣に座ったのが、体の大きい男性(知人ではない)だったんだけど
こいつが変なところで笑うんです。
怖い映画に良くある、ちょっとビクッとさせられるシーン。
その時に必ず「ふふっ」って笑うの!

最初聞き間違えたかと思ったんだけど、
その後にも何度か笑うので
そっちが気になって&怖かった!
終わると同時にそそくさと立ち去りました。
映画は笑うツボ&怖がるポイントが同じ人と見に行きたいです。

映画の評価は★★★☆☆ですね。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

2005.04.06

あやかりたい

今日、ある本に出会いました。
タイトルは「美人の日本語」
帯についた『一日一語、口にするだけで綺麗になる365の言葉』
に惹かれて手に取りました。

365個の言葉を日付ごとにひとつずつ紹介してあるので
自分の誕生日のところを見てみました。

そこには「肖り鯛」と書かれていました。

最初はなんて読んでいいのかわからなかったのですが
「あやかりたい」と読むのだそうです。

由来は、鯛と名前のつく魚は200種あるけれど
本当に鯛に分類されるものは真鯛など13だけなんだと。

それ以外のものは、真鯛など本物の鯛のようになりたいと、名前を使っているので
「鯛のように立派になりたい→あやかり・鯛→肖り鯛」なんですって!
てっきり「~したい」という動詞なんだと思っていました。

このような日本語の話がたくさん(365個)載っていて
結構知らずにいた言葉もあり、
目からウロコ、でした。

ぜひ一度読んでみては?
日本語ってけっこうおもろいもんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.05

見た目年齢

さっき投稿した記事とも関連があるんだけど、
なぜ高い化粧品に手を出したかって言うと
見た目年齢が上がっているのでは?と不安にさせる出来事が。

コンビニでお買い物をする時、店員さんはお客さんの年齢を想像して
レジを打っているって知ってますか?

「●●円です」と言われてお金を渡すと、店員さんは預かり金額を入力して、その直後に
「19」「29」「49」「50」と書いてある、青いボタンとピンクのボタンの列の中からひとつ
押しているんですよ。

19…未成年
29…20代
49…30-49歳
50…50才以上  となっていて

青が男性、ピンクが女性なんです。
青とピンクを押し間違える(もしくは面倒だから全部青を押している)のは
よくあるけれど、先日、「50」のボタンを押されたの!!!!!

押された瞬間
「Noooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!」って心の中で叫んじゃったわ。

普段は年齢相応か下に見られるのにぃ。
なんでぇぇぇぇ!
「袋要りません」って言ったから?
それとも疲れた顔をしていたの??

…ショックだったんです。
なんだかくやしくてSK-Ⅱに走ってしまったのでした・・・。なんてこったい。
いつか「29」を押させてやる!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.04

SK-Ⅱ

ついに手を出してしまいましたSK-Ⅱ。
効果の高さは噂に聞いていたけれど、値段がお高いのではまったらマズイと思って
控えていましたの。

でも、そろそろ毛穴ケアとかたるみとかって気になりだして
ついに「サインズアップ・リフター」という美容液を買ってしまいました。

買う時にはカウンセリングを受けて、化粧水2種と乳液のサンプルをもらい
シリーズ使いで試してみました。

やっぱり朝起きた時のお肌のしっとりモチモチ感がいいですね♪
エスティーローダーのイデアリストと似ているという人もいるようですが
あちらはもっと表面だけにとどまっている感じがしましたけど
こちらはもっと中に入ってしっとりしている感じ。

しばらく使ってみて、毛穴が目立たなくなったら本物。
GWのころにはぴかぴか肌になっているかな???

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.04.01

エミール・ガレ展

最近美術展へ行くのが続いています。
今日は午前中仕事を休んで
エミール・ガレ展(江戸東京博物館)へ行ってきました。

土日に行くのは先週のミュシャで懲りたので
空いているだろう平日の昼間を選んだのですが
思っていたより混んでいました。

11:30に着くとチケット売り場は20人くらいの列。
これはすぐに進んだので待ち時間は5分程度。
入場は並ばずにすぐ入れましたが
中に入ると各展示の前は2重の列になってました。

もっと楽に見られるかと思っていたので
ちょっとショック。

それでも先週のミュシャ展よりは近くに行きやすかったので
細かな細工も見られたし、満喫できました。

2重に重ねられた模様の美しさ、
色合いの深さ、モチーフの面白さ等など
感心するばかりでした。

家具やランプも展示されていて
全部で200点強くらいでしょうか、
さまざまな美術館の協力を得て、
充実した内容になっていました。

図録を買って帰ったのですが
一番お気に入りの作品の色合いが
目で見たものと若干違っていて(ピンクが薄い)
残念!

ガレの作品の現物を見たのは初めてだったので
頭の中に焼き付けておくことにします。
★★★★★ 星5つです!

こんな作品が飾れる家に住みたーい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »