« September 2005 | Main | November 2005 »

October 2005

2005.10.24

イタリアで出会った人々② イタリアのおっちゃんたち。

どうも私は、会社にいる時は除くとして、
見ず知らずの他人から話しかけられやすいオーラを出しているらしい。
昨日もスーパーで柿を物色していたら、隣にいたおばちゃんに
「テレビご覧になった??」とまるで知人に話しかけるノリで話しかけられた。
「日本テレビでね、おいしい柿の選び方をやってたのよ~。
へたの所がね、青くてめくれていないのがいいんですって」

・・・はあ。聞いてないんですけど。
ま、でも、いいや。参考にさせてもらいますわ。ありがとね。

京都に旅行に行った時は、私も旅行者なのに、よく道を聞かれました。
(地図を持っていて方向感覚には自信がある私は答えられてしまうのだけれど)

シャッターを押してくださいと頼まれるのは数限りない。
そういえばイタリアでも何度か頼まれたなぁ。


って前置きが長くなりましたが、イタリアでもよくまあ話しかけられました。
今日は特におっちゃんたちにフォーカスして書こうと思います。

おっちゃん① トルコ人のHilmiさん
(おっちゃんの部類に入れたけど、きっと彼は30代後半)

ナポリの空港で、チェックインが始まらず椅子に座って待っていると
私の隣に座っている男性の連れがやってきた。
彼らはしばらく話をしていると、こちらに向き直って「つめてくれ」と言ってくる。
ゆったりした長椅子だったので問題なく座れた。
席に座ると「ナポリはどうだった?」と話しかけてくる。(英語で)

まあ、「袖摺りあうも多少の縁」って感じでお互い暇な時間をつぶしましょうかって
気もあって、つたない英語で話してみました。
「何日間休み?」「仕事?遊び?」「どこへ移動するの?」
「年に何回海外旅行するの?」等など聞いてくる。
この辺は旅行つながりのネタなので特に気にしなかったが、
そのうち、「結婚しているのか」(大きなお世話だ)、「日本女性の初婚はいつくらいか?」
なんて聞いてくるし、だんだんネタが尽きたのか、
「東京の人口は?」「マネージャークラスの年収は?」などと硬い話になってくる。

彼らはビジネスでナポリに来たそうで、「ナポリなんかよりイスタンブールのほうが断然いいよ!」
と言い切っていた。

別れ際には彼と連れが名刺をくれて、
「イスタンブールに来たら、僕らが案内するよ!」と言ってくれましたわ。

イタリアを満喫し終わったらね~。

あら、まだ一人目なのにずいぶん長く書いてしまった。
おっちゃん②、おっちゃん③、おっちゃん④まであるので、それはまた後日にしまーす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.23

天保十二年のシェイクスピア 千秋楽

再び見てきました、天保十二年のシェイクスピア!
舞台の千秋楽を見るのは初めてだし、同じ作品を同じ公演期間内に見るのも
初のこと。
疲れた身体に鞭打って、行ってきました。

千秋楽とあってか蜷川先生も、そして主演の唐沢寿明夫人、山口智子さんも来てました。
今回の席は中2階のバルコニー席でした。
前回は2階だったので、距離が遠く感じたけれど、
今回はだいぶ近くに感じられて、また楽しかったです。

前回は3日目とあって、きっちりこなしている感じがありましたが
さすが1ヵ月半の間にこなれてきていたというか、
小さなアレンジとかあったみたいです。

そうそう、ちょっとしたアクシデントもありました。
捕らえられて折檻されている主人公(唐沢)が
身体を起こす瞬間に胸元から小判を出すシーンでのこと。
何度目かの小判出しの際に、いっしょにヅラが・・・。
その瞬間を見逃したんだけど、気づくと唐沢さんの頭が
グレーのつんつる状態。
会場は爆笑!
あわてて折檻していた男性2人が一人は小判を取りに行き、
もう一人がカツラをかぶせて演技続行。その時には拍手が沸き起こりました~!

舞台が終わっても拍手は鳴り止まず。
カーテンコールはいったい何回やったことか。

楽しい舞台でした。再演を希望しまぁ~す!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.20

名古屋出張

今日は名古屋に日帰り出張でした。名古屋はかれこれ5~6年ぶり。

昨日は準備で終電1本前だったけど
今日は1時半に名古屋の支社へ行けばいいのでゆっくり起床。
2時からのクライアント会議を終え、社内での打ち合わせをして
上司への報告電話を入れて3時半には業務終了。

久しぶりにゆっくりする時間ができたし
せっかく名古屋に来たんだしってことで
行っちゃいました、中部国際空港・セントレア!

名古屋から名鉄で40分(特急)。快速特急なら30分で着くのだった。
名鉄の駅から直結で空港のロビーに。
ああ、ついこの前のイタリア旅行が思い出される。
このままイタリアに連れてって~。

そんなことを思いつつ、ちょうど夕暮れ時だったので、デッキで夕焼けを眺めて良い感じ♪
デートスポットにも良いね。

2階3階にお店が並び、4階には売店、飲食店の他にお目当てのものが♪♪

ここには銭湯があるのですよ~。温泉ではないらしいけれど
疲れた身体には、もう、たまりません。
「入ろうかな、どうしようかなぁ・・」って最初は思ったけど、
ここんところのハードな日々を思い、
ささやなごほうびってことで入っちゃいました。

同じフロアにドラッグストアがあり、
1回用の基礎化粧品セット(メイク落としセット、洗顔乳液セット)が各126円で
売っていたのでそれを買い、いざ、風呂へ。

900円の入場料の他に、タオル代250円を取られる。高いなぁ。
タオルもバスタオルじゃなく、普通サイズだし。
バスタオルのレンタルくらい、この値段なら入れてよね~ 
と文句を言いつつ、入る。

場所のせいもあってか、空いていた。
私の他には5人くらいかな。後から入ってきた人もいるけど
入れ替わるから常時5,6人程度がお風呂の中にいる感じ。

寝湯とジャグジーと展望風呂と名のついた窓側にある普通の湯船、
それにサウナがありました。

「あ゛~~~~」 
広い湯船で身体を伸ばし、たまってた疲れを放出。
ふぅ~、気持ち良い~。
出張でこんな思いしたのは初めてだわ~。
いつもすぐ帰ってたし、寄るとしても名古屋駅構内とか
駅ビルのところのデパートくらいだったし。
小さな幸せをかみ締めるのでした。

お風呂から出た後はちゃっちゃと着替えて化粧して名古屋駅へ。
でもまだ帰らない。ホホホ。
最後のお目当て、味噌煮込みうどんの山本屋総本店へ。
久しぶりの味噌煮込みうどんを食べに行きました!

普通のヤツは1200円で、その上はいきなり2100円になるのよね。
今日から始まったと言う牡蠣入りは3000円超えてるし!
そこまでは出せないけど普通のだと寂しいので
名古屋コーチン入りをオーダー。
弾力のある肉質は何度食べてもおいしいねぇ。

相変わらずの固い麺と、相変わらずの濃い汁をすすりつつ、
夜ご飯完了!

満足感に浸りながら帰京したのでした。
ごちそうさまでした!


って何しに行ったんだろうね、私。
いちおうクライアントは好感触だったので
また名古屋出張になることを楽しみにしてます。
今度は手羽先かな~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.10.17

イタリアで出会った人々①

今回のイタリア旅行ではいろんな人と出会いました。

最初ナポリでは、個人行動をする東洋人が珍しいらしく
どこに行っても「じぃーーーー」っと見つめられることが多かったです。
もともと愛想のよくないイタリア人、
じーっと見つめられてる事に気づいて
その人のほうを見て視線が合っても
お構いなしに「じーーーー」。
こっちが負けて視線をそらしちゃいました。

ま、そんな人たちばかりじゃなく、
かなり親切&世話焼き系な人々のようでした。

アマルフィから帰ってきた日、時間がまだ早かったので
フニコラーレ(ケーブルカー)に乗ってナポリの丘の上に行くと
夜景がきれいだというので行ってみました。

でもね、普通ケーブルカーと言うと、降りたらすぐ景色が広がってる感じでしょ???
ところがナポリの場合は、普通の生活行動の足で、終点で降りても普通の街中。

「ナポリ一望の夜景は???」と二人でオロオロ。
ガイドブックを見る友達の脇で、スリなどに狙われないよう
周囲に目を配っていると・・・・
2人の老婆と1人のおじいちゃんがなにやらこっちを見ている。
世間話をしているであろう3人は、ちらちらとこっちを見る。
「珍しいのかなぁ」と気にしないでいると、なにやら声をかけてきた。
でもイタリア語。ちっともわからん。

とにかく身振り手振りで「パノラマ」とか「ビュー」とか、あとは忘れちゃったけど
そんなことを言っていたら向こうも身振り付きでいろいろと言っている。
たぶん「あっちだ」「2(ドゥエ)」と言う。
「2」が「2分」なのか「2本目」なのか全然わからなかったけど
とりあえず指す方へ行ってみる事に。

しばらくして十字路で道がわからず最初左に行ってしまったら
坂を下っていくのでこれは違うだろうと元の地点に戻りまたガイドブックを見ていると
「カテドラルに行きたいのか?」ってなことを聞いてきたおばさんが。
もちろんイタリア語なので「??」という顔をしていたら
「カテドラルはこっちだ」ってなことを言いつつ階段のほうを指差す。
カテドラルに行けばそのそばで見れそうだと思い、行ってみる事にした。

お礼を言ってしばらくいくとT字路のつきあたりに行き着いたけど
カテドラルはどこにも見えず
さすがにこれはリタイアか?とあきらめムードになりかけたら
今度は50歳くらいの夫婦が声をかけてきた。

これまた最初はイタリア語なので苦戦していると
「英語はわかるのか?」と英語で聞いてくる(当たり前か)。
私は少々怪しいが、連れはわかるので二人して聞いてみると
左斜めの道を指して、ここをまっすぐ行けという。
そして緑のビルのところを右に曲がればあるよ、と教えてくれた。
「グラ~~~ッツェ!!」
やっとゴールが感じられた瞬間でした~~~。

そしてそこから歩いて3-4分。
念願のナポリの夜景に出会えたのでした!
写真はうまく撮れなかったけど、すんごいきれいだった!!
どうやらジモティのデートスポットでもあるようで結構混雑してました。

私たちが引き上げる時はまだ7時台で、
後から後から人が来る感じでした。

苦労したけど、ナポリの人たちの親切な対応に感謝感謝です。
今度はイタリア語話せるようになって、ちゃんとイタリア語で
道を尋ねられるようになっていくね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.11

24 シーズン4  vol.8終了

この連休の合間に、一気にvol.5~8を見ました~。
一気に見るのは疲れるからやらないつもりだったんだけど、
日曜に5巻を返しに行ったら、なんとラッキーにも
6~8巻が借りられちゃったのだ。
おかげで昨日は寝不足。
しかも見終わったらフジテレビでやっているシーズン3の最終話が
放送されてて、また見ちゃったよ。


それにしても・・・(以下、ネタばれありです)
 
 
 
なんでCTUの警護班とか、FBI捜査官があんなに簡単に殺られちゃうのかね~。
その辺は都合良すぎっ。
マルワンの隠れ家で爆弾が爆発しても、あんなに近くにいたジャックは死なないし。
ベルースは連れ去られて、それっきりで大統領の話に移っちゃったけど
どうなっちゃうの?
そしてそして、本当にエアフォースワンは撃墜されたの??

テロリストをかく乱するために、うそ情報を流した、なんてことは???

オードリーはポールの元へ戻りそうな感じだけど、
アルメイダとミッシェルは、復縁しないのかな??
半年くらいでお互い簡単に別の相手見つけてるけど
そんなに簡単に忘れられないでしょ~!
しっかし、CTUの中って人間関係ドロドロだねぇ~。
そんなんで、国家機密を扱ってて大丈夫なんでしょうか?


・・・なんて突っ込みを入れつつ、
また見入ってしまうのでした。
次のリリースが待ち遠しいなぁ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.10

イタリアの花婿・花嫁

イタリアへ旅行したのは10日間で、23日の祝日から2日の日曜までで
週末を2回はさんだせいか、新郎新婦に会うこと6組!

しかもなぜか、みんな美人さんばっかり!
(イタリア人に美人が多いのか??)

ナポリでは、卵城近辺で夕焼けを見ていた時でした。
ここは撮影スポットらしく、
最初に出会ったカップルは、ビデオカメラマン、スチールカメラマンと
お友達カメラマンの3人を引き連れて、場所を変えながら何ショットも撮ってました。

ほぉ~、と思って見ていると、そのスポットは人気のようで次々と花婿花嫁が登場。
夕暮れ時で、雰囲気もムーディな感じで、きっと素敵な記念写真ができたことでしょう。

ちょっと不思議だったのは、皆純白ではなく、シャンパンホワイトっていうのかな、
少しクリームがかった白のドレスだったなぁ。
花婿のほうは、最初に会ったのがどうやら軍の人らしく、それっぽい制服姿でした。

4組目はアマルフィの教会でした。
アマルフィの港を降りてすぐのところに有名な教会があって
観光スポットでもあるそこは観光客で満載状態。
そこに新婦を待つ新郎が現れ、少しして花嫁が車で登場。
長い階段を二人仲良く上っていったのでした。
まるでドラマのシーンを見ているようで、皆カメラを構えてパシャパシャ撮ってました。
(相手は一般人なんだけどねぇ)

amarfi1

amarfi2


 5組目はタオルミーナで泊まったホテルのプールサイドで披露宴を行っていたカップル。
この時の写真は撮ってないけれど、プールから見える夜景の写真を。
なかなか雰囲気の良いところで、「私たちも混ぜて~」って言いたかったよーん。

taormina

 
最後の6組目が、一番近くで、一番良い写真が取れちゃった。
偶然なんだけど、カメラ構えたら、あれあれあれって言う間に
キスしてくれちゃったからさっ。絵になるんだな、これが。

taorumina1

taormina2
(ライスシャワーを受ける二人。でもシャワーと言うより、投げつけられてた・・)

 
旅行中にこんなにたくさんの花婿花嫁に出くわすなんてもちろん初のこと。
9月とはいえ、まだ暑い中、雨がないから良い時期だったみたい。

みんな幸せにね~。私も幸せ気分をおすそ分けされた感じよん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.06

チャレンジする人

今日はイタリア話をひと休みして、仕事がらみの話。

とある後輩が、退社の挨拶をしにきた。
新しいけれど小さい会社、ベンチャー的色合いがある会社に移ると言う。

もともとうちの会社には●年いよう、そしたら考えていたこと、夢へ踏み出そうと
考えていたとか。前から誘われていて、実行に移すんだ、と。
その話をする時の彼は、目をキラキラさせて
疲れた顔の中にも強い意志の力を感じたの。

いいね、夢にチャレンジする姿って。ちょっとドキッとしちゃったよ。

久しぶりにそういう人を見て、
なんだか保守的になっている自分をふと考えてしまった。

仕事に限らなくても、プライベートでも
チャレンジする姿勢って忘れちゃいけないね。

この秋は、むふ、あれにチャレンジしてみよ♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.05

イタリア旅行記シリーズ2 食事

イタリアではよく食べました~。
ふだんはこんなに食べないだろっていうくらい、
ペースは速いし、がっつり食べてました。
だって、おいしかったんだもん!
太るなぁって思いつつも、おいしいからいいやっ って
開き直って食べてた。
(でも帰ってきて計ったら、ほぼ維持。歩き回ってたからかな。)

今日は、その中でおいしかったものを紹介します。
ま、ほとんどパスタ類なんだけど。

scampi

anacapri

pasta2shu

 
 
 
一番左の写真は、やっぱり南イタリアは魚介類ってことで、ナポリで最初のディナーで手長エビのパスタ。
あっさりしつつもエビのうまみが滲みてて、うまい!
 
2つ目の写真はアナカプリで食べたパスタなんだけど、
これは店員さんが「魚介のパスタがお勧め」っていうので頼んだもの。
おいしかったんだけど、出てきた時は一瞬びっくり。だって太いんだもん、パスタが。
丸々としていて、思わず讃岐うどんを思い出したほど。
  
3番目の写真はカプリ島のアウグスト庭園にあるレストランで食べた魚介のパスタ(手前)とトマトとチーズのペンネ(奥)。
特に魚介のパスタは絶品!!!!。量はけっこうあるのにおいしさのあまり食べきってしまいました。
おかげで夜ご飯時にはお腹がすかず質素にすませました。


ほんとは、この他に生うにのパスタがおいしかったんだけど、
「うーに、うーに♪」と期待して行って、お腹がすいていたこともあって
来たらせっせと食べちゃって写真取り損ねちゃったの。
日本で食べるうにのパスタだと麺全体がうにの色になっている感じだけど
それとは違って、全面に絡んでいるというより
部分部分にそのままのうにがからんでいて。ああ、説明が難しい。
食べた時の感想は「ぅンまい~!!!」

この中ではうにのパスタか、3番目の写真の魚介のパスタが特にお勧めかな。
幸せでしたぁ~。ごちそうさまでした!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.03

イタリア旅行記シリーズ1

ごぶさたしてます~。
9月23日から10月2日まで、夏休みとリフレッシュ休暇を利用して
南イタリアへ旅行してきました~!!
すんごい楽しかったよーーーー。
今日からしばらくはイタリア旅行記を綴っていきたいと思います。

今日はホテルの食事について、書いていこうと思います。

やっぱり食があうって言うのは旅行の印象でも大きいっすね。
とにかくおいしかった~。
まずはホテルの朝食。最初に泊まったナポリのホテル・オリエンテが一番朝食が充実してました。
丸々としたモッツァレラチーズ、ハム、プルーン等等。
毎日モッツァレラ食べてました~。

breakfast
  
  
一度失敗したのはヨーグルト。
だって、見た目同じで、開けたら味が違うんだもん。

yogult1

yogult2

すっぱい味のコーヒーヨーグルトなんて・・・(T_T)
よくよく見たら、ふた部分に「caffe/cafe」「bianco」の文字が。
もっとでっかく書くか、ふたを色違いにしてくれぇ。


   
普段の朝食は軽く済ませているけれど、この旅行中はしっかり毎日食べてました。
おかげで毎日ざくざく歩き回る原動力になったかな。

次は、その他レストランでの食事について書きますね~。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« September 2005 | Main | November 2005 »