« 天保十二年のシェイクスピア 千秋楽 | Main | イタリアで出会った人々② イタリアのおっちゃんたち 続き »

2005.10.24

イタリアで出会った人々② イタリアのおっちゃんたち。

どうも私は、会社にいる時は除くとして、
見ず知らずの他人から話しかけられやすいオーラを出しているらしい。
昨日もスーパーで柿を物色していたら、隣にいたおばちゃんに
「テレビご覧になった??」とまるで知人に話しかけるノリで話しかけられた。
「日本テレビでね、おいしい柿の選び方をやってたのよ~。
へたの所がね、青くてめくれていないのがいいんですって」

・・・はあ。聞いてないんですけど。
ま、でも、いいや。参考にさせてもらいますわ。ありがとね。

京都に旅行に行った時は、私も旅行者なのに、よく道を聞かれました。
(地図を持っていて方向感覚には自信がある私は答えられてしまうのだけれど)

シャッターを押してくださいと頼まれるのは数限りない。
そういえばイタリアでも何度か頼まれたなぁ。


って前置きが長くなりましたが、イタリアでもよくまあ話しかけられました。
今日は特におっちゃんたちにフォーカスして書こうと思います。

おっちゃん① トルコ人のHilmiさん
(おっちゃんの部類に入れたけど、きっと彼は30代後半)

ナポリの空港で、チェックインが始まらず椅子に座って待っていると
私の隣に座っている男性の連れがやってきた。
彼らはしばらく話をしていると、こちらに向き直って「つめてくれ」と言ってくる。
ゆったりした長椅子だったので問題なく座れた。
席に座ると「ナポリはどうだった?」と話しかけてくる。(英語で)

まあ、「袖摺りあうも多少の縁」って感じでお互い暇な時間をつぶしましょうかって
気もあって、つたない英語で話してみました。
「何日間休み?」「仕事?遊び?」「どこへ移動するの?」
「年に何回海外旅行するの?」等など聞いてくる。
この辺は旅行つながりのネタなので特に気にしなかったが、
そのうち、「結婚しているのか」(大きなお世話だ)、「日本女性の初婚はいつくらいか?」
なんて聞いてくるし、だんだんネタが尽きたのか、
「東京の人口は?」「マネージャークラスの年収は?」などと硬い話になってくる。

彼らはビジネスでナポリに来たそうで、「ナポリなんかよりイスタンブールのほうが断然いいよ!」
と言い切っていた。

別れ際には彼と連れが名刺をくれて、
「イスタンブールに来たら、僕らが案内するよ!」と言ってくれましたわ。

イタリアを満喫し終わったらね~。

あら、まだ一人目なのにずいぶん長く書いてしまった。
おっちゃん②、おっちゃん③、おっちゃん④まであるので、それはまた後日にしまーす。

|

« 天保十二年のシェイクスピア 千秋楽 | Main | イタリアで出会った人々② イタリアのおっちゃんたち 続き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22069/6554391

Listed below are links to weblogs that reference イタリアで出会った人々② イタリアのおっちゃんたち。:

« 天保十二年のシェイクスピア 千秋楽 | Main | イタリアで出会った人々② イタリアのおっちゃんたち 続き »