« 送別会 | Main | あわれ、彼女は娼婦 »

2006.07.23

SAYURI(ネタバレあり)

映画館で見るか悩んだ挙句、見なかった「SAYURI」。
今日ようやく見てみた。

渡辺謙が出てるのは知ってたけれど、
ここまで重要な役どころとは知らなかった。

でもね、主要メンバーのうち4人が日本人で、
舞台も日本なのに
ほとんど英語で会話がされるのには
最後まで違和感が。

英語なのに
「おかあさん」「おねえさん」は日本語のままだし
SAYURIの呼び方のイントネーションが英語的。
(渡辺謙&役所公司はちゃんとしてたけど)
やっぱり違和感でした。


ストーリーとしては
静かだけれどしっかりと芯のある感じでした。
なぜあんなに渡辺謙がSAYURIと豆葉に
肩入れする・面倒を見る(旦那でもないのに)
ことを不思議に思っていたけれど
最後でようやく納得。

そうでしたか~。
相思相愛だったんですね。


それにしても渡辺謙の役は
何歳の設定だったんだろう?

SAYURIが9歳で知り合った時には
既に会長だったし
そこから5年以上は経った時にも
まだ会長。
うむむ。ま、そんなもんか。

★★★と★×0.5ってとこで。

|

« 送別会 | Main | あわれ、彼女は娼婦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22069/11074732

Listed below are links to weblogs that reference SAYURI(ネタバレあり):

» 『 SAYURI 』 [マヒナ スピリッツ  ]
ここ最近、なかなかいい映画(DVD)に巡り合えずにいたが、昨夜観た『SAYURI』は、久々にHit だったわたしがキャサリン・ゼタ・ジョーンズ様 に心底惚れた『シカゴ』を撮ったロブ・マーシャル監督の作品さすがに今作もスケールが大きく、お金がかかってそうな作りだった芸者さんの衣装も豪華絢爛で美しい海外の監督が撮る日本の情景は、なんか違う??っていうのが多いが、この作品では、... [Read More]

Tracked on 2006.07.24 at 08:24 PM

« 送別会 | Main | あわれ、彼女は娼婦 »