« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

2007.04.21

ふと見上げると

連日の残業で疲れきった金曜の夜。
また残業でパソコンに向かっていると、視界の右上の方に部長の気配。

特にそちらに目をやることもなく、作業を続けていると
何やら動いている様子。
ふと顔を上げると、部長がベルトをはずし、
本来ならズボンに隠されてるはずのワイシャツの裾が
私の目に飛び込んできた。

と、同時に
「あ・ああ~~~~!!!」という部長の声と
「ア・ア・アーーーーーー!」という私の声の合唱。

3秒後には2人とも大爆笑になり、笑いがしばらく止まらず、
しまいには涙がにじんできた。

部長は照れつつ、
「い、いや、ちょっとワイシャツの裾が気になって・・・パーテーションで隠れてると
 お、思って・・・」と動揺した様子で言い訳。

私は私で、とにかくツボに入ってしまって
笑いが止まらないっ。ひーっ!。

疲れきった頭には最高のリフレッシュになりましたっ!
ありがとうございました、部長!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.04.14

ベテランOL残業物語

今週はさんざんな週でした・・・。

月曜 終電
火曜 終電
水曜 27:30(3:30)
木曜 27:30
金曜 20:00

こうしてみると、水木は20時から一日分働いていたのねぇ・・・。

もう若くないんだからさ。
こんな働き方、いかんよねぇ。

おかげで今日は寝たきりでした。良い天気だったのにねぇ、残念っ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.04.08

ジキル博士とハイド氏

鹿賀丈史主演のミュージカルを見てきました!

ここのところの忙しさで、暗くなるとうっかり眠りそうになった瞬間もあったけど
良かったです!!

鹿賀丈史はもちろん、娼婦役:マルシアの歌声が声量、高音の伸び等どれもよく、
婚約者役の鈴木蘭々もがんばってはいたけど
マルシアに圧されてたかなぁ。
蘭々&マルシア2人のハーモニーはマルシアにやや圧され気味だったけど
最後はまとまって、良い感じでした。

ジキル博士とハイド氏といえば二重人格の話、としか知らなかったけど
なぜジキル博士がそんな研究をしたのか、
ハイド氏がどんなことをしたのか、等は全然知らず
今日初めて知りました。

ジキル博士の父が正気を失い、死期も近づいてきている中
ジキル博士は人間の中の悪を封じこめる薬を開発、
所属する病院の理事会に、人体実験用に一人、入院患者を提供して欲しいと
諮るが全会一致で反対され、罵倒される。

失意の中、ちょっといかがわしいバーに寄り、マルシアと出会い、
違う話の中で彼女が言った「自分で試せば良い」という言葉に触発され
薬の人体実験を自分の身体でやることを決意。

その日の夜から、薬を飲んだ後の自分の変化を日記に記すが
それがすべての悲劇の始まりだった。

ジキル氏の中に生まれた悪意の塊・ハイド氏は
彼の実験に反対した理事会の面々を次々に殺害。

やがてその矛先は、愛を感じていたマルシアにも向けられる。
大親友であり、弁護士の友人に手紙を託し、
マルシアに逃げるように告げてもらうが
それでもハイド氏はマルシアを殺しに行く。

マルシアを殺してしまったことに気づき、
別途開発した元に戻る薬でハイド氏を封じこめた。はずだった。

やがて迎えた結婚式当日。
幸せな2人を祝福する人が集まる中でハイド氏の人格が現れてしまう。

そして2人の結婚を反対していた男性を皆の前で殺害。
親友に「オレを殺してくれ」「自由にしてくれ」と頼むジキル氏。
暴れようとするハイド氏。
悩んだ友人は・・・・。


終わった時は、満場の拍手でしたね~。
一部空席があるのがもったいなかったっす。

当日券もあるようなので、
気になる方はぜひ。
29日まで、日生劇場でやってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »