« イニシエーション・ラブ | Main | 絶品わらびもち »

2008.03.09

身毒丸 復活

念願の、藤原竜也の舞台を見てきました!

とはいえ、難解・・・。
蜷川さんらしい演出で、天保十二年のシェイクスピアに通じる
部分もありましたが、最後のあたりがどうも解せず・・
そのままエンディングになってしまったので、
周りのスタンディング・オベーションが飲み込めず。
でも最後には前の方が立って、藤原君が見えなくなったので
仕方なく立ちましたが。

亡くなった母を慕い続ける息子と、継母との確執が
やがて義理の息子を呪い、失明させるほどにまで達してしまい、
「良い家族」として見られていた一家がバラバラになってしまう。

が・・・。

継母に秘められた女としての思い。
母への慕情を募らせる息子が愛し合う…??? って解釈で
いいのかしら?


見た方、理解できました??

いまだ飲み込み切れず。
誰か、解説をお願いしますっ!


追記)
舞台自体は1時間半の短い芝居でした。
与野本町は遠かったけど19時半には終わったので
家にはそんなに遅くならずに帰れました。

|

« イニシエーション・ラブ | Main | 絶品わらびもち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22069/40445201

Listed below are links to weblogs that reference 身毒丸 復活:

« イニシエーション・ラブ | Main | 絶品わらびもち »