2009.10.31

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

六本木ヒルズで「THIS IS IT」を観てきました!

すばらしい!! の一言です。

リハの映像なので、歌は軽く歌っている場面も
ありますが、いかに彼が今回のステージに力を
入れていたか、どれだけすばらしいものを産み
出そうとしていたかが感じられます。

ところどころで、涙がこみ上げてきました。
それは、バラード系のマイケルの声に癒された
り、映像の彼は元気なのに、今はすでに
この世にいないということへのせつなさ‥など、
色んな想いが交じり合ってのことです。

映像の途中では、コンサートでもあるように、
曲が終わったところで拍手が起きていました。
そして映画の終了時にも。

そうそう、エンドロールが流れても、
席を立ってはいけません。
最後まで見てね。

来ている年齢層は全体的に高めでしたね。
もう一度見に行きたいです。

DVD発売されないかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.04.06

サルヴァト-レ・リチートラ リサイタル

今日は語学学校の仲間たちと、サルヴァト-レ・リチートラの
リサイタルに行ってきました!

久しぶりのサントリーホールで、周囲の桜はすでに半分葉桜に
なっていたのが残念だけど、入り口に着くと周囲の方々は
ドレスアップしている人ばかりで、なんだか華やいだ気分。
平均年齢も高いし、上品な感じの人がたくさん来てました。
ふだん、休日にストッキングを履かない私も今日はちゃんと
ワンピースにパンプス姿。

正直、リチートラのことは全然知らなかったんだけど、
仲間たちが絶賛するので付いて来ました。

ソロのリサイタルなので1幕めは30分、2幕目はそれより
ちょっと長いくらい
・・・のはずだったのに、アンコールがかかりまくり、
彼もそれにこたえまくっていたので、結局曲数は以下の通り。

1幕目:5曲+ピアノソロ1曲
2幕目:6曲+ピアノソロ1曲  +アンコール5曲!

ほぼ3幕に近い曲数でした。
まあ、曲目がなくて、OH SOLE MIO を2回やりましたけどね。

評判通り、すばらしい歌声で、
「寝ちゃったらどうしよう」なんていう事前の心配は全く不要でした。
うっとりと聞かせてもらいましたよ♪

「次代のパヴァロッティを担う」と言われるだけのことはありました。
それにおちゃめな彼の人柄も伝わってきました。
2幕目の予定されていた曲目をすべて終えて、舞台から下がる時に
「ちょっと待ってね」って日本語でかわいらしく言ってくれて
会場から笑いを誘っていたり、それぞれの客席に向けて手を振って
拍手にこたえていたり。

今日の席を取ってくれて知人に感謝!でした。

彼の歌を聴くチャンスがあればぜひ!お勧めです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.11

You raise me up

荒川静香のおかげで一躍メジャーな曲になった「You raise me up」。
私も曲を購入した一人。
聞きながらうっとりとしてしまうことも。

サビの部分しか歌詞がわからなかったので
調べてみたら、なんとも素敵な歌詞だったので
ここに紹介します。

You Raise Me Up


When I am down and, oh my soul, so weary.
When troubles come and my heart burdened be.
Then, I am still and wait here in the silence,
Until you come and sit awhile with me.

You raise me up, so I can stand on mountains.
You raise me up, to walk on stormy seas.
I am strong, when I am on your shoulders.
You raise me up... to more than I can be.

You raise me up, so I can stand on mountains.
You raise me up, to walk on stormy seas.
I am strong, when I am on your shoulders.
You raise me up... to more than I can be.

There is no life - no life without its hunger.
Each restless heart beats so imperfectly.
But when you come and I am filled with wonder,
Sometimes, I think I glimpse eternity.

You raise me up, so I can stand on mountains.
You raise me up, to walk on stormy seas.
And I am strong, when I am on your shoulders.
You raise me up... to more than I can be.
You raise me up... to more than I can be.

© 2001 Universal Music Norway / Acorn Music, Ireland


身も魂も疲れ果てるとき
苦難にあって重荷を負う時
じっと静かにあなたを待つ
そばに来て、共にいてくれるまで

あなたが引き上げてくれるから
山々の頂にだって立てる
あなたが引き上げてくれるから
荒海だって越えられる
あなたに支えられるなら
私は強くなれる
あなたが引き上げてくれるから
自分を超えられる

飢え渇かない人生なんてない
不安な心がばくばく鳴ってるけど
あなたがいれば奇跡で満たされる
永遠を垣間見たような気にさえなる


あなたが引き上げてくれるから
山々の頂にだって立てる
あなたが引き上げてくれるから
荒海だって越えられる
あなたに支えられるなら
私は強くなれる
あなたが引き上げてくれるから
自分を超えられる


*****************


しんどい時にこの歌聴いて、歌詞の意味を知ったら
泣いちゃいそうですわ。
「あなた」は神様のことらしいのですが、
たとえば愛する人とかに置き換えて聞いてもいいですよね。


しばし、曲の世界に浸ります・・・。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2005.12.21

Ken's Barへ行ってきました!

今日は平井堅のコンサート「Ken's Bar」へ行ってきました!

楽しかったーーー!!
歌も良いけど、話があんなにおもろいとは知らなかった・・・。
しかも最初のつかみはユーミン!・・と思わせておいて清水ミチコでした。


それと、今までいろんなコンサートに行ったけど、
コンサートで途中休憩があるのは初めて!
さすが女性ファンの多い平井堅。それに「Bar」と銘打っているだけあって
チケットにはワンドリンク付いていて、カシスソーダなどお酒も飲めるのでした。
そのせいもあるのかな。

7時開演で第1部が1時間(バラード中心)、休憩が30分強、
第2部がポップスターを含む、ややアップテンポの曲が多めで1時間、
アンコールが2曲で終わったのが10時でした。

東京ドームが初めてだという平井堅は、登場からずいぶんと「球場」であることを
意識してましたね。

球場のセンターの奥側にステージがあって
ホーム側(バックネットそば)からピッチャーが登場する車(わかるかな)に乗って、
会場に手を振りながら半周。BGMは「タッチ」by 岩崎良美でした。

第1部はバラード中心なので「葬式みたいな感じになりますが・・・。」と語って
笑いを誘ってました。
この前のサザンのコンサートとは違い椅子に座って静かに鑑賞。
良いですわぁ。。幸せ♪

休憩中にトイレに立つと、男子トイレをつぶして女子にしてました。
なので個室は5つ。ううむ・・・。しょうがないか。

後半では本邦初披露という「ため息キップ」と言う曲を歌ってくれました。
そして一番うれしかったのはアンコールを歌う場所が
ホームとバックネットの間くらいの場所だったこと!

アンコールに応える時、最初ステージに現れて、
また例の車に乗って、オープニング時には通らなかった方を廻って来てくれました。
(BGMは思い出がいっぱい by H2O タッチが好きなだけか?)

ステージだと米粒くらいにしか見えなかった平井堅が親指大くらいになってました!
そこにはピアノが置いてあって、アリーナ席の後ろの方の人たちは、
ピアノの周りを取り囲むように立ってました。うらやましいぞ!!!そんな間近で歌うところ見れて!!!

そして幸せな時はあっという間に過ぎ、余韻に浸りながら帰ってまいりました。
あああ、幸せ。歌の力ってすごいなぁと、率直に感動。

今年はいろんな舞台やコンサートが見れました。
来年もがんばって行くぞ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.04

サザンのコンサートに行ってきました

今日は楽しみにしていたサザンのコンサート!

なのに・・・しくじってしまいました。

体調を万全にしていきたかったのに
金曜から違和感のあった腰が
昨日のイタリア語教室の堅い椅子のせいか、
夕方には非常にまずい状態に。

午前中のちょっとした外出の際にも
痛みがあり、体勢によっては立ち上がるのに一苦労。

しかたがないのでしばらく横になった後、
バンテリンを塗り、コルセットを締めての外出となりました。
冬でよかったよ。寒さ対策にもなったよ・・・。(喜べないが)

歩く分には大丈夫だったので、
待ち合わせの表参道へ。
エチカ開業のせいで、大混雑。

こんな時に腰が痛いと、いつもはするっと人の脇を通り抜けられても
今日は慎重になってしまいました。

無事に会場に着いて、再度バンテリンを塗ってコンサートの開始を待つ・・。

始まってしまえば最初の曲から立ち上がり、手拍子手拍子。
でも動かせるのは上半身のみ。ああ、我が身を呪う。


曲はやはり中心はキラーストリートの収録曲で、昔の曲は5~6曲くらいかな。
いつを昔と言うか、微妙だけど
Bye Bye My Love やイエローマン、希望の轍、勝手にシンドバッド、Miss Brand New Day
Love afferあたりとちょっと前のTSUNAMIとか。


トークも相変わらずの桑田節が炸裂してました!
エロトークもあり、おやじギャグあり。

演出も風船あり、花火あり、炎あり(ドームの中でも使っていいんですね)で
楽しかったっす~。
6時ちょっと過ぎに開演して、終わったのが9時ちょっと前。
しっかり楽しませてくれました。
腰が悪くなければ、もっと乗れたのにな、残念。

年末のカウントダウンはテレビで見て、
来年またやってくれることを楽しみにしてまっす。

やっぱり夏にやってほしいなぁ。
待ってます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.12

WE WILL ROCK YOU!!(ネタバレあり)

今日は仕事疲れの残る体を引きずり、
ロックミュージカル「WE WILL ROCK YOU!!」を観てきました。

rock_you


「QUEEN」のメンバーブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが全面的に監修した
ロック・ミュージカルで、流れる音楽は全て「QUEEN」の楽曲という
ファンには堪らない作品で、ファンじゃなくても知っている曲がたくさん使われるので
とても楽しめました!

席はA席だったので、やや後ろ目でしたが、それほど舞台との距離は感じませんでしたね。
コマ劇場、うまいこと設計してますな。ゆるやかに客席の床面が上がっているせいでしょうか?

舞台とスクリーンを活用したつくりや、日本を意識したセリフや、アーティスト名などが
そこかしこにまぶされてました。
若くして亡くなったアーティストたちの写真がスライド的に流れるところでは
尾崎豊やHIDEの写真が扱われたり。
エボシ岩やら岩手県、メリージェーンまで出てくるとは、ちゃんと“勉強”してるのね。
「コナカ」がセリフに出て来た時は爆笑!!
世界各地で受ける理由の一つにもなっているのではないかしら。
それ以外にも笑わせる小ネタが散りばめられてます。

最初の所では、どうしても状況説明、設定説明が中心になるので
多少緩やかな滑り出しになっていたけれど、
後半はもう、加速しっぱなし!
ラストの20分くらいはほとんどコンサートのようでした。

セリフだけでなく、歌詞についても日本語字幕が出ていたので
初めてクイーンの歌詞の意味を知りました・・・(クイーンファンではなかったので)。

舞台でも満喫できたし、
ファン垂涎の、フレディが1984-1985年に着ていた衣装やゴールドディスクなど
関連アイテムがロビーに飾られていました。

また、昔のコンサート映像などを東芝製(スポンサー)のテレビやパソコンで
そこかしこで見られるようになっていたり、
途中休憩時にはミュージカル出演者による後半の見所紹介などの映像が
流されていて、休憩中も関心をそらさない工夫をしていて良かったですよ。

S席やA席の後ろの方2列ずつ位は空いていたので
当日でも券をゲットできると思うので、興味のある方はぜひ見てみてください。

050612

<ロビーに飾られていたフレディの衣装>

| | Comments (1) | TrackBack (0)