2009.10.10

お伊勢参り3

お伊勢参りに欠かせない食べ物の話を一つ。

内宮の門前にはおかげ横丁という商店街があります。
ここでぜひ食べてもらいたいのが豚捨(店名)のコロッケ!

1個85円かな、これがおいしい!!
ラードで揚げてるらしいのですが、脂っこさは
全然なくて、皮の部分は少し固めでサクサク、
中はほっくりしながらもお肉の味が利いてて
あっという間です。男性なら2口3口で終わるかも。

実は旅行2日目にコロッケ食べて、翌日また
おかげ横丁に来た時にはミンチを食べたんだけど
「ミンチもおいしいけれど、コロッケの方が好きだな」
と思った私は、おかげ横丁を去る間際に
「今、コロッケを食べておかないと絶対後悔する」
と思い、同じ日に再来店!!!
そんな事をしたのは初めてです。


その他には名物の伊勢うどん。
讃岐と違ってコシはなく、歯が弱くても
噛みきれるような感じ。
松坂牛のにぎりもまずまずでした。
(でもこれは1貫でいいかな)

ぷらぷらしながら、つまみ食いするのも
楽しいです。

帰りは赤福を買って、新幹線の中の
おやつとなりました。

ごちそうさまでしたdelicious

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.30

お伊勢詣り2

前回に続いて、伊勢詣でのお話。
旅行日程を決めた時は知らなかったんだけど、年に
2回、春分の日と秋分の日のそれぞれ前後合わせ
て3日間づつ、舞楽が内宮で上演されるのです。

23日の10時半に内宮につくと、すでに席がある
ところは人で埋まり、周囲にも立ち見の方が集
まりだしている状態。
これは今並ばなければならぬと28度の暑さの中
開始まで30分あるというのに立ったまま、
良い位置をとろうと場所を探す。

でも、結果的にはこれが良かった。
私の前にはおば様3人組がいたけれど背が低い
ので写真を撮るのに問題なし。
さらに2曲目の途中で疲れてしまったようで、
列から離れたのでこれ幸いと、最前列で写真
撮ってました。
踊り手がいるのが3曲、曲演奏のみが1曲で、
約1時間。
最後の曲のみの作品は、「陰陽師」で有名な
源博雅の作品でした。

日本の歴史を感じさせるような空気感の中、
貴重な体験をしましたわ。
写真はこちら。

Img_0534_1

 
Img_0536_1

 
Img_0540_1

 
Img_0544_1


 
Img_0565_1


 
今度は紅葉の時期に行きたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.26

お伊勢参り1

前の記事から早くも2ヶ月。時の過ぎるのはあっという間です。

さて、このシルバーウイークを利用して22~24日まで伊勢神宮に行ってきました。

22日は名古屋経由で伊勢市駅に着いたのが午後2時。荷物を預けてホテルを出たのが2時半。

外宮を1時間かけて回り、河崎エリアをぶらぶらとし、お目当ての店に歩いて行ったら
ホテルにたどり着いたのは午後6時! 3時間半歩き回ってました・・・。
目的があると歩けるのよねぇ。。

さて、夕食は予約してあったフレンチレストランの「ボン・ヴィヴァン」。
1軒のお店の中にレストランとブラッスリーとカフェがあり、予算に応じて選べます。
私はブラッスリーを予約。
単品もあるけれど、お得なブラッスリーコースがあり、それを選択。

前菜を7種の中から選び、主菜を5種類くらいかな、その中から選べるし、
冷菓とコーヒー/紅茶が付きます。
これにスープをつけて+520円。

お隣の席の女性3人組はリッチにクロアワビのステーキのコースを選んでました。
そうなると単品で7000円くらいです。
いちぼ肉のステーキや幻の脱皮直後の伊勢海老だと同様に1万円くらいです。
(いつかは食べたい・・・)

前菜を旬の魚のカルパッチョ、主菜を松坂牛のハンバーグにしました。
前菜を食べた瞬間、「予約してよかった・・・happy02
(ちなみにこの夜は予約で満席でした)

おいしいこと、おいしいこと。おいしいものを食べると、ヒトは自然と笑顔になりますね。

アワビも入って、赤身の魚(名前忘れました)2種、イカ、海ブドウなどが入ってました。
かぼちゃのポタージュスープもおいしいし、フランスパンもちゃんと温めてあって
おいしくいただきました。
そして松坂牛! おいしいぞう~!!

東京にあったら常連になります!
マダムが言うには、鳩山首相のお宅で腕をふるまったことがあるとか。
いいなぁ、首相。

料理はこんな感じです。
Bv2

Bv2_2


店内はこんな感じ。

2

 
 
 
 
 
 
雰囲気も良くて、お薦めです。場所は外宮のすぐそばです。
ごちそうさまでしたdelicious

次は内宮のお話を書く予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.27

今年の旅行運

ようやく体調が戻ってきたところで
連休に台湾に行ってきました。

夏バテ直前に企画してて、旅行直前まで体調は
やばかったんだけど、
向こうに行ったらおいしいものばかりで
しっかり食べてきました。

しかし!9月の台湾は台風月間!
みごとに直撃くらいました!!
帰国予定日(14日)の朝、テレビをつけていると
自分の乗る予定の便名の後に「取消」の文字。

…キャンセルですか。キャンセルですよね。
累積で1300ミリの雨が降ったっていうから
そりゃたいへんなこと。テレビはずっと特番やってました。

飛ばないってことで1日延泊の手続きをして
しばしホテルで対策を練る。
とはいえ何もできないので、エステにでも行こうってことで外出。

外は嵐。
前の日も嵐。
そういえば台湾で太陽を見なかったなぁ。

結局15日午前2時20分に飛ぶというので(臨時便です)
11時過ぎにホテルピックアップ。
こんな時はやっぱりJTB&JALでよかったと思ってしまう。
ちょっとハラハラしたけど、無事に帰ってこれました。

今年の旅行を振り返ってみると、
5月にヨーロッパに行き乗継便を間違え&ロストバゲージ、
8月に親と軽井沢にいけば気温17℃&雨、
そして台湾では台風直撃。

…今年はもう旅行に行きません。
ほんとは京都に行きたいけど。

そんな年もあるもんです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.11.15

ミラノでの話

気がついたら3週間も更新してませんでしたが、
元気にしてまーす。

3連休は実家で、母が旅行に行っている間の“専業主婦”してました。
お昼御飯を作って父に食べさせて、片付けたと思ったら夜ご飯のメニューを考える
・・・ホント、これを毎日続けている主婦の方々、尊敬しました。

日々の生活に追われている中、今さらながらだけどイタリア話を書いてみました。

成田を発って12時間、ミラノに夜着いてホテルに荷物を置いた後、
本に載っていた、ホテルに近い『ジョイア』へ。

ここはとにかく盛り付けがおしゃれ!凝ってた~。

_1

_2


1枚目はアペルティーボ。日本で言うお通しのように、勝手に出てきたもの。
写真がオレンジがかっているけど、実物は片方がカボチャ味、もう片方が確かほうれん草だったかな、
それをミキサーにかけたような、どろっとした感じのスープ。

もうひとつの写真は前菜の盛り合わせのようなもので、
6つそれぞれ野菜をアレンジしてあるの。


ジョイアもおいしかったけど、お薦めはドゥオーモの南側にある『ドルチェ・ヴィータ』。
入り口がちょっとわかりにくかったけど、中はインテリアもステキで
店員のサービスもbene!でした。

入ると注文していないのに、グラスにシャンパンを注いでくれて
1品でてきた。
頼んでないよ~と言ったら、アペリティフとアペルティーボだという。
それを食べないとメニューが出てこないんだって。
(以上、日本人スタッフが教えてくれました。良かった。)

ミラノ風カツレツは揚げ物なのにさっぱりしてサクサクしてておいしいし、
サーモンのサラダもおいしかった!

_047

_043


ドルチェに辿りつけなかったのにお値段は2人で80ユーロ。
安くはないわね。でも満足度は大!!でした。

今度行く時は、ドルチェまで行くぞ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.20

ミス・イタリア

帰国してからあっという間に4週間。
日々が過ぎる速さにおどろきつつも、
イタリア話を書いていこうと思います。

最初の話は、向こうで見ていたテレビ番組のこと。
夜、ご飯を食べて部屋に帰ってくると
必ずテレビをつけていたら、
毎日必ずやっていた番組がこれ。

どうやら次のミス・イタリアを選ぶのが
この1週間だったらしく、
毎日続けてやってました。

予備選で100人くらい選出されて、
それから1人抽選で選び、その人が対戦相手を指名し
1対1で得意芸を披露して
電話で一般人が投票して勝者を決めると言うもの。

歌とかダンスとか。カクテルを作る人もいたなぁ。
見ていると、「それは得意技なのか?!」っていうほどダンスが下手な
人がいたり、なかなかB級で、おもしろかったっす。

勝った人は勝者席、負けた人は敗者席へ分かれていきます。

1日くらい見忘れたけど
たぶん半分くらいになったあたりで
まとまってcontinua(継続)かfinito(おしまい)かを宣言されて
敗者は敗者通路を通り、カメラに手を振りながら
退席していきます。

ファイナリスト5名に絞られた後は、
映画のセリフを言わされたりして
ミス・イタリアを最終的に決めていきました。

しかし、それまでの経緯が長いこと長いこと。

見ながら私たち二人が交互にお風呂に入ってもまだやってるし
毎日やってたから、いったい視聴率はとれたんだろうかと
心配したりして。
日本でいうと、モーニング娘。のオーディション密着って感じの
番組が1週間、毎日2時間くらいやっているような状況をイメージして
もらうといいかな。

選ばれたのは、友達も私も『この人だよね」って
言っていた女性でした。
去年のミスイタリアとも通じる、美人さんでした。


この番組の最大の謎は
ゲストに、あのシルベスタ・スタローンが来ていたこと!!

なぜミス・イタリアにアメリカ人???
それになぜ年食ってるスタローン?
もっと若いヤツがいるだろうっ!

さらに、スタローンが
小芝居にかつぎだされてたりして
微妙な苦笑を口元に表しながら参加していたスタローン、
出る番組を選んでくださいっ。

・・・などなど、
テレビに向かってしゃべりたくなる番組でした。

興味がある方は、こちらで写真をどうぞ。
http://www.missitalia.rai.it/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.09.24

ただいま!!

8泊10日のイタリア旅行を終え、
今日帰国しました!

いやぁ~、直前に風邪を引き、
一時は行けないかと思いました(^^;)

旅行2日前、熱は7度台だったけれど、
体がぼろぼろで、家に帰っても息が苦しくて
横になっても辛くて
水木、2日連続でいつもお世話になっている整体へ。
(1日目は夜の12時に駆け込み。先生、ありがとう!!)

「ぼろぼろですねぇ」と言われ、
ちょっと不安がよぎった私は
翌日ホテルバウチャーなど、私が持っていたものを
友人に託したほど。
葛根湯を朝昼晩と飲み、ビタミン剤を飲み
出発当日(金曜)にこぎつけたのでした。

イタリア着いて最初の2~3日は私も友人も時差ボケで
夕食時に睡魔と闘いまくってました。
向こうでは8時くらいからが夕食タイム。
なのに日本時間は朝3~4時。
眠いわけだ。

3日目以降はすっかりなじみ、
楽しすぎて、10日間も過ぎたなんて信じられない。
ストレスレスな生活ってすばらしい!!

おかげで直前までの食欲不振も解消し
元気になって帰ってきました。

旅行中の細かいエピソードは
おいおいアップしていきま~す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.21

修行旅行 in 鬼怒川温泉

金曜日から2泊3日で
老親を連れて温泉に行ってきました。

親を連れての旅行なので
自分であれがしたい、これがしたいと言うよりも
とりあえず親の気分転換、保養に連れ出したので
旅行気分と言うより
修行、もしくはお仕事って感じです。


金曜日、今年の3月に開通したという
新宿始発のJR&東武線直通 鬼怒川温泉行きに
乗り込み、一路、鬼怒川へ。

2時間ちょっとで到着して観光案内で情報収集。
駅前も観光案内所もずいぶんときれいになってました。
駅前には鬼怒太の湯と名づけられた足湯までありました。

その後は宿へ行き、夕食前に温泉。
夜はバイキングでしっかり食事。

足の悪い父は、行く前は
「バイキングは取りに行きにくいし
そんなに量が食べられないし」等と
ブチブチ言ってたのに、
いざ行ってみると楽しいらしく
ニコニコしながら、あれこれリクエストしてる。
しまいには自分で見て廻ってた。

ま、いいですよ、楽しんでくれれば。

母は食事の支度をしなくていいってことで
これまたご機嫌であれこれちょっとづつ食べてる。

食事の後、寝る前にも温泉。
宿にはジャグジー、寝湯、露天にミストサウナと
結構充実。
やっぱり温泉は良いねぇ。


翌朝も朝食バイキングであれこれ食べる。
ふだんあまり量は食べない私も
ついつい手が伸びる。

たらふく食べたせいか、
朝食後、部屋でゴロゴロしていると
気がつくと皆寝てた。

さすがにそろそろ活動しようと
動き出したのは1時!
(ふだんの旅行じゃありえないっ!)

食っちゃ寝状態だったので
お目当てのそば屋まで歩くことにした。

場所はだいたいの見当しかついていなかったので
いざ歩いてみたら2キロくらいあったのかな。

ま、運動不足解消には良いでしょう。
父の日課の散歩にはちょっと足りないかな。

「ニ八そば」というお店は雑誌等にも載っている
地元の人も行くおいしい店だとか。
御前そばとも言われる白い蕎麦は
なかなか美味でした。

食後は駅まで歩き、足湯でひと休み。
ケーブルカーに乗ろうと思っていたけれど
雲行きが怪しくなってきたので宿に帰ることに。
(観光ゼロでっす!)

二日目の夜はコース料理に舌鼓。
父はお薦め懐石
母と私は洋風懐石を堪能。
カロリーオーバーが気になりつつも
しっかり完食。
ビールもおいしくいただきました。

3日目は朝食後チェックアウトして
まずは駅へ。

会社の保養所だったので
宿泊自体はとってもお安く済みましたが
食費は少々お高め。

親の結婚記念(忘れてたけど)を
祝うつもりでの招待旅行だしねー。
(っつってもお金くれたけど)

駅の観光案内所で
今日の活動を相談していると
ラインくだりは船に乗れないだろうから
(足が悪いと、乗り降りが問題なのだ)
ってロープウエイに行こうかって
私と母が行っていたのに
「よし!行こう!」っていうから
どこに?と聞くと
船に乗るっていう。

聞いてました? 私たちの話!

結局乗り場までの階段等、いろいろな条件を考慮して
橋めぐりに変更。
程よく散歩したところで帰京となりました。

実は昨日の夜、両親のいびきの合唱で
あまり寝れなかった私。
うちに着いて洗濯が終わったら
3時間も爆睡してしまいました。

さてさて明日の準備をして寝ますか。
お疲れ様でした~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.31

新幹線と富士山

今日は久しぶりに豊橋へ出張でした。

報告書を持って後輩と2人、こだまで2時間。
直前にプチトラブルがあり、
場合によってはクライアントにクレームを言う覚悟をしつつ
いざ、報告会へ。

セリフまで考えていたんだけど
全然トラブルの様相はなく、穏やかに終了。

追加の宿題もなく、晴れやかに新幹線の駅へ。
ちょうど良い時間に、数少ない「ひかり」があるというので
それに乗って、自由席に着席。

駅で買ったかまぼこをつまみにチューハイを堪能。
仕事を終えた後の一杯はいいねぇ。

後輩とのおしゃべりも快調に
こだまではなくひかりに乗れたことで
各駅停車ではないためか
速さを実感しつつ外を見ていると、
右側に富士山が!!

嗚呼!これが噂に聞いた、逆サイドの富士山!!

 解説:普通、新幹線から富士山は
     東京から名古屋方面に行く時は右側
     名古屋方面から東京に行く時は左側に見える。
     しかーし! ごくわずかに限られた区間では
     逆サイドに見えるのであった!

一度見てみたいと思いつつ、場所がわからなかったのと
行きは曇っていたり、帰りは寝てしまっていたりして
見れなかったのです。
今日はたまたま通路側に座った私が後輩の方を向いて話している時、
窓の外に見つけたのでした。

初めて見る角度の富士山は
形がちょっと違っていて、違う山のようでした。

時間はほんのわずかだったけれど、すんごく感動!
後輩と喜びを分かち合いました!
ここ最近の忙しさやストレスを発散させ、05年度のご褒美をもらった気分!!

すっきりした気分で東京駅に着きました。
2006年度もまた頑張ろうっと。

興味のある方、場所は静岡駅から名古屋方面にちょっと行った辺りです。
見てみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.24

イタリア熱

今日は早く寝ようと思っていたのに、
すてきなHPを知ってしまったので
書かずにはいられなかった・・・。

mixiにも登録している私め、あるコミュニティに参加したら
そこで素敵なHPを紹介していたのです。

http://www.capri.net/salsa/lang/en/page/360.html

これはイタリア カプリ島の写真が載っているんだけれど
ただの写真ではなく、
ドラッグすると、360度ぐるっと廻って見れるのですよ!!

マリーナグランデの写真を見ただけで
「きゃ~~~~~!!!!!」と一人で目を潤ませて
感激しちゃいました!

ああ、また行きたい。早く行きたい。。。

そんなイタリア熱を再加熱してくれたHPでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)